チャネリング、故人と話すスキルを学ぶ~ツナグ

故人の通訳「通詞人」として11年お仕事してきました。

よく「霊能力はいつからあったのですか?」と聴かれます。

でも結論から言うと、えみこにいまでも霊能力はありません。

人が本来持っているといわれている第六感(Sixsence)が人よりも少し強くて
それをさらに鍛えた結果、故人と対話ができるようになった、というだけです。

 

霊感には種類があり、基本的には誰にでもあります。

それらは近年ではHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)と呼ばれたりします。

感覚処理感受性が極めて高い結果、人によっては日常生活に支障を来たすケースもでてきます。

この部分を鍛えることで、自身の特性を世の中のために使っていくことが可能となるのです。

反対に「鈍感」と言われている人の中にも本来はこの敏感さがあり、幼少期の

教育でそれらが動かないようにされたが為に現実の生活で歪みを生じている

ケースも見受けられます。

 

故人と話す練習(ツナグ)は、訓練を重ねることにより脳の認知バイアスに働きかけて想像力と第六感を鍛えて「故人と対話する」ことを目的に訓練していく珍しい訓練法です。

長年故人の通訳をしてきてご依頼人の方がおっしゃるのが「自分も同じように

故人に会ってみたい」ということ。

何度か育成を試みた結果、脳の認知バイアスを修正しないと、そこに制限が

掛かり、目の前にいる故人とコンタクトが取れないことが判ってきました。

 

第6感を使っていくには、いろいろな決まりが存在します。

それらをしっかりと身に着け、現実に歪みや問題を引き起こさない形で故人と対面する。

そのためには、ある程度の基礎知識と技術訓練が必要となってきます。

霊能力は生まれ持ったものですが、日本人であるなら靈感のない人はいません。

「虫の知らせ」があるというのは、その表れだと考えています。

ご興味のある方は、一度体験クラスをご利用ください。

あなたの「六感力」を知ることができると思います。

 

またツナグを応用することでチャネリングも行うことができます。

ぜひあなたの潜在能力を引き出す学びとしてお使いください。

 

【ツナグ 詳細】

霊感を鍛えて故人と対話することを目的とした訓練法です。

月3回程度のお稽古を経て、自分の脳と第6感を鍛え、故人と安全に対話する

スキルを身に着けていきます。

 

※受講前にご確認ください

ツナグは霊能力開発法ではありません。

対面できる故人は、ご身内またはご縁のある方に限ります。

亡くなった方なら誰でも対面できるわけではございません。

お稽古開始時にお会いになりたい方との関係性を確認します。

予めご承知おきください。

チャネリングとしてお稽古に通われる場合はその旨を最初に

お申し出ください。

 

 レッスンはすべてチケット制です。

チケット有効期間はお稽古開始から三か月となります。

 

★チャクラ……マンツーマン チケット制3回 30分 24,000-

チャクラを活かし、第6感の動かし方を学んでいきます。

 

★靈氣1……マンツーマン チケット制月3回 30分 18,000-

靈氣初伝必須(他校でも靈氣1をお持ちなら対象となります)

靈氣を使って第6感を動かす方法を学んでいきます。

 

★靈氣2……マンツーマン チケット制3回 30分 16,000-

靈氣奥伝必須(他校でも靈氣2をお持ちなら対象となります)

靈氣遠隔シンボルを使って故人と会う方法を学びます。

 

★靈氣3……マンツーマン チケット制3回 30分 12,000-

靈氣神秘伝必須(他校でも靈氣3をお持ちなら対象となります)

靈氣の奥義を学び、故人と会う方法をお稽古します。